駅広告の基本を知ろう!種類やサイズ・費用など駅広告を出す際の一連の流れなどについて紹介

このサイトでは駅広告の基本的な情報を紹介していきますし、実際に出すことができる種類やサイズの他に費用などについても説明していきますから、どのような流れでサービスを利用することができるのか知ることができるはずです。
臨時ポスター集中貼りの情報も紹介していきますから、実際に興味がある場合はチェックをしておくことで、実際に利用したときのイメージを持つことができると考えられます。
どのような場所で出すのかを決めるのも重要になりますし、各自が希望する場所を見つけて提出することの重要性も解説していきます。

駅広告の基本を知ろう!種類やサイズ・費用など駅広告を出す際の一連の流れなどについて紹介

駅広告を利用することで、公共交通機関の空間を利用して広告を出すことができます。
ポスターやデジタルサイネージの他にフラッグや横断幕などを利用してアピールすることができますから、いろいろな種類の中から各自で自由に選んでいくことが可能です。
駅広告で出すことができるポスターなどにもサイズがいろいろと用意されており、基本的にはサイズが大きなほうが費用も増えるようなことになっています。
公共交通機関と交渉するのではなく、代理店と契約をする流れになりますから、その点もサービスを利用するときの情報として知っておくのが大切です。

柱巻き・駅貼り広告など駅広告の種類について

昨今の公共交通機関では、さまざまな広告を目にできるようになりました。
ファストフード店から美容室、さらには美術館などジャンルもさまざまで、見ているだけで心が躍るという方も大勢いらっしゃるでしょう。
以前は壁際の看板が主流でしたが、今では駅だと柱だったり階段にも備わっているものです。
駅だけでも計4種類の広告があります。
ここで簡単に種類ごとの特徴を見ていくことにします。
まず柱で見られるものは、防水性のシート状となっており、接着剤で固定をされているのがポイントです。
次に階段にも取り付けられており、電話番号と店名程度の簡素なものです。
駅では看板スタイルのものが集客効果が高く、採用をされやすいです。
一畳サイズからさらに大きなものもありますが、基本的には鉄道会社や路線によって規定サイズは異なります。
駅だと大勢の方が行き交うので、なるべく目につきやすい階段・エレベーター付近で設置をすると絶大な効果を発揮します。

ボード広告やポスターなど駅広告のサイズについて

通勤や通学で電車を利用するような場合は、駅のホームでポスターが貼られているのを見たことがある人も多いと考えられます。
基本的に広告として活用しているような特徴がありますが、ポスターのサイズにはB0からB1とB2までが用意されているので、基本的にどれを選ぶのかで料金にも違いがあります。
B2とB1では半分程度の大きさになるので、見た目のインパクトが違いますから、当然ながら大きいほうが高くなりやすいです。
また実際に展開する駅や期間と枚数でも料金は変動するような特徴がありますから、事前に見積もりを出してもらうと安心できます。
ボードの場合は設置する場所でかなりサイズを大きくするようなこともできますから、ポスターよりもさらにインパクトのある広告を出すことが可能です。
場所によって違いがあるので、基本的には実際にサービスを利用する場所で大きさなどは聞いておくといいかもしれません。
数十万円から数百万円程度の料金になることもあるので、それだけ効果を見込むことができる場所でもあります。

店舗や企業などが駅広告を上手に活用するポイント

駅の広告はその費用が非常に高額となることが多いため、利用する場合には効果を十分に考慮した上で必要最小限にすることが大切です。
提出場所やその内容なども十分に考慮した上で、適切なものとすることが重要となります。
一般的な看板等の場合には遠くからでもよく見えるようにできるだけ大きなものとすることが一般的ですが、駅の場合には多くの人が利用するものであるため、比較的小さなものでも通路等に提出することで高い効果を見込むことができます。
さらに通路なども決まっており、見る側との距離が一定に保たれると言う特徴もあるので、その見え方を十分に意識して内容を決めることが高い効果を生み出すものとなります。
店舗や企業等の場合には伝えたい内容を端的に表現することが良い方法となっており、これを効果的に行うことで印象に残るものとすることができます。
また多くの場合には歩く方向が決まっていると言う特徴もあり、その角度等も考慮することで高い効果を生み出すことが可能です。

ターゲットを絞って然るべき駅・沿線に最適な広告を出す

ターゲットを絞って然るべき駅・沿線に最適な広告を出すのが重要なポイントです。
若い世代に向けてメッセージを発信する場合は、学生が多く利用する場所や若者が多く集まる人気のスポットの近くに出すのが効果的です。
若者は流行に敏感ですし、SNSなどを使って常に旬の情報を探しているので、アプローチの方法を間違えなければ言って意の効果を得ることは可能です。
パパやママの世代をターゲットにする場合はファミリー層がよく利用する駅に絞って広告を出すのがおすすめです。
ファミリー層は子供中心の生活をしていることが多いので、子供と一緒に楽しめるイベントやおもちゃなどをアピールすると効果的です。
高齢者に向けてメッセージを発信する場合は高齢者の方が多く住むエリア、高齢者の方に人気のスポットの近くにある駅や沿線が狙い目になります。
メッセージを出す時は難しい言葉は使わず、わかりやすい言葉を使うのがおすすめです。
文字の大きさや色使いもとても重要です。

著者:大江雅彦

筆者プロフィール

福岡県北九州市生まれ。
駅広告に関する記事を書いています。
大阪駅の広告代理店